2009年04月12日

この国に魅了された人たち69

【日本が】この国に魅了された人たち69【好きだ】


106 名前:日出づる処の名無し :2007/11/15(木) 03:44:58 ID:0APO8EFv
歴史的知識というか、社会風俗の適応性。

日本人なら時代劇やアニメ、漫画で多少はイメージできるものでも、外国人にはそうじゃない。

例えば、ハリーポッターなんかは日本じゃ見ない、聞かないお菓子が出てきて、それを主人公が好きなだけ買い食いできるウハウハな生活送ってるって感じのシーンがある。

当時の俺はそれを見てもまるで羨ましいとも夢のような生活だとも思わなかった。
映画版で画像にされれば「おおー」と思ったが。

そんな感じで、人は想像の範囲を超えたものに感情移入することは難しい生き物だと思うよ、敷居とかじゃなくてさ。


109 名前:日出づる処の名無し :2007/11/15(木) 11:03:37 ID:e36Z3Q/J
>>106
何気なく知っているものも結構なバックグラウンドがあるからねえ。
そして得てしてそういうポピュラー過ぎるのは辞書や用語辞典には載っていない。

外国のアニメファンが「ポッキー」や「こたつ」など日本じゃ当たり前すぎるモノを不思議がるという光景があるが、まだ映像化されている分わかりやすい。
その点小説で「ポッキーを食べ」「こたつに入り」なんて描写されただけじゃ理解不能だよね。

村上春樹の小説で巧いのは、そういうローカルなモノをあまり載せていないからじゃない?


209 名前:日出づる処の名無し :2007/11/17(土) 23:32:11 ID:Q5av99C5
ノーベル文学賞確実の誉れ高い文豪の、ノーベル文学賞取るきっかけになった名作とスゲェ売れてるミステリ作家の新刊とゼロ魔の新刊が並んでたら

ゼロ魔だけ買って帰るよ!


210 名前:日出づる処の名無し :2007/11/17(土) 23:47:39 ID:2hazLpTk
それもどうかと思うが<ゼロ魔だけ
読書好きにとっては「なんでもアリ」の多様性と「量が在ること」と
「日本語で読めること」「日本人が昔から大量に書いてかつ残していること」が
ありがたいのだがな


220 名前:日出づる処の名無し :2007/11/18(日) 00:42:26 ID:k3s60Wl2
>>209
「ゼロの使い魔」か。
ためしに1巻だけ買って読んだが、ご都合主義バリバリ黄金王道展開の薄っぺらいライトノベル。

ちなみに、次の日、サンプルとして 2巻〜11巻を買った。
麻薬かよ!


259 名前:日出づる処の名無し :2007/11/18(日) 13:34:25 ID:1xVTmsgc
本の話題に乗り遅れたかな?
何年か前日本に来た作家(J・アーチャーだっけ?)が日本の出版事情を羨ましがっていた。
日本には小説やエッセイだけで構成される月刊誌が複数出版されていて、普通、作家は連載して纏まってから本に出来る。
また週刊誌や新聞にも連載小説があり、広く読者に受け入れられている。

あちらでは書き下ろしが当然で、最後まで書いてから売り込みに行くらしい。
読者の反応もわからないまま孤独に執筆するのって、売れっ子作家でも結構しんどいとか。

しかもそれ以上に、新人がデビューするのは大変だって。
ありらでは大金払って腕のいいエ−ジェントを雇うしかないそう。
日本は新人にも広く門を開けているのが素晴らしい、って言っていた。


314 名前:日出づる処の名無し :2007/11/19(月) 04:11:38 ID:XkjxtL1m
俺と同じクラスの留学生のカナダ人は、日本が好きで好きで仕様がなくて来た。
向こうの高校の単位もらえないのにだぜ?
日本の漫画・アニメも好きだって言ってた。
でもバナナマンの日村に似てるんだよなw



338 名前:日出づる処の名無し :2007/11/19(月) 21:56:23 ID:+GuHgsIP
「ミシュラン」東京版デビュー
星獲得店191軒は世界最多。
三つ星獲得店8軒はフランスの10軒に次ぐ世界第2位。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071119-00000214-yom-ent


347 名前:日出づる処の名無し :2007/11/20(火) 00:14:21 ID:sa9BZKwJ
フランス人覆面調査員はバレバレっぽかったらしいが、野菜を食べて
「これは・・・秋田ですね?」とか言われてビクーリしたとか


355 名前:日出づる処の名無し :2007/11/20(火) 08:55:37 ID:iifMrLEX
ミシュランは東京のレベルの高さに驚愕したらしいが、そういう高いレベルを維持できる日本人が美味いという店がミシュランより信頼できるかもね。

ややこしい理屈か?w


361 名前:日出づる処の名無し :2007/11/20(火) 14:20:04 ID:pwrnwYiv
「私も東京は世界一グルメの街だと昔から思っていました!」とダバディ氏
http://dabadie.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_2767.html


380 名前:日出づる処の名無し :2007/11/20(火) 22:06:27 ID:seECQ1He
欧米系の在日外国人の間で七五三やるのが流行ってるらしくてうちの会社のイギリス人夫婦にどうやればいいの?と聞かれたのだけど7、5、3才の子供が着飾って飴もって神社行く、みたいな漠然としたイメージしかなくて答えられず、結局母に電話して助けてもらった
自国の文化を説明出来ない自分にかなり凹んだ
しかしイギリス人夫婦の娘、金髪くるくる巻き毛、碧眼(7才)が着物着て千歳飴持ってる姿は想像を絶する可愛さだった
来年はその子の弟の番なのだが、今から着物の柄で夫婦が喧嘩しては鷹と虎とどっちが雄々しくて日本男児らしいか、と私に聞いて来るや、お前等の子だから日本男児違うし、しかしどっちも捨てがたい


429 名前:日出づる処の名無し :2007/11/22(木) 12:03:43 ID:db4oOZn0
日本人初!あのジョジョで有名な荒木飛呂彦氏が米科学誌「セル」の表紙の
デザインに次いで、米国のセレモニー用戦闘機のイラストを担当する事に決定!

http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1195550656/1-100


473 名前:日出づる処の名無し :2007/11/23(金) 12:34:50 ID:6kLUKs5Z
これだこれだ

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/ジャパンレールパス

ものすごく優遇されてるなあ、と思った記憶がある。


573 名前:日出づる処の名無し :2007/11/26(月) 13:53:51 ID:N7Mq/iHH
毎回思うがさんまのからくりの日本人王に出てる人は凄すぎ、特にロバート・ボールドウィンさん


574 名前:日出づる処の名無し :2007/11/26(月) 18:33:48 ID:rAb0rqpr
>>573
あの人は前から特撮モノやCMにも出てるからタレント扱いじゃないかな


576 名前:日出づる処の名無し :2007/11/26(月) 19:05:31 ID:+Z9nqoL3
あの人、日本生まれの日本育ちだって噂をどっかで聞いたがどうなんだろうなw


577 名前:日出づる処の名無し :2007/11/26(月) 19:43:37 ID:veKWW8VJ
おお、ロバート・ボールドウィンさんか。
なんかもう、日本通とか知日家というありきたりな表現すら失礼というかw
なんなんだあの人はww


578 名前:日出づる処の名無し :2007/11/26(月) 19:56:11 ID:veKWW8VJ
動画みつけたから知らない人は見てみるよろし。
面白い。
ttp://lifeupers.blog90.fc2.com/blog-entry-202.html


579 名前:日出づる処の名無し :2007/11/26(月) 21:16:57 ID:N7Mq/iHH
彼は問題を答えるだけじゃなくてさらにうんちくまで毎回言えるんだよな〜凄すぎる
どこで勉強してるんだろうな


586 名前:日出づる処の名無し :2007/11/26(月) 22:43:20 ID:N7Mq/iHH
もう一つロバートさん
ttp://lifeupers.blog90.fc2.com/blog-entry-205.html


686 名前:日出づる処の名無し :2007/12/05(水) 18:12:51 ID:s6U6WaB7
中日新聞 2007年12月1日(土)夕刊 3面より

「台湾人1番人気は東京」

年末に過ごしたい都市
NY、パリを抑え 2位は北海道

 【台北=時事】クリスマス、年越しは東京で--。
台湾の旅行会社がクリスマスや大みそかを過ごしたい海外の観光都市をアンケートしたところ、東京と北海道がニューヨーク、パリといった国際都市を抑えてそれぞれ一、二位を占めた。
 東京は投票総数の三割以上となる千七百九票を獲得して断トツとなった。
 旅行会社は人気の理由を「東京はクリスマスに合うおしゃれなイメージがある。
また年越しの初詣で、初売りの福袋といった日本文化に多くの人があこがれを持っている」と説明する。
二位の「北海道」も六百九十票を集めた。
 三位以下は、香港、ニューヨーク、パリ、シドニーの順となり、大阪も九位とトップ10入り。
台湾はもともと対日感情が良好な上、二〇〇五年に台湾人観光客へのビザ(査証)が免除され、日本観光が一種のブームとなっている。
 調査は、十一月上旬にネットを通して実施。
四千九百五十七人から回答を得た。


774 名前:日出づる処の名無し :2007/12/08(土) 14:57:19 ID:bzpJjC0k
ちょい前、私の勤務先の大学で、台湾の大学教授に講演しにきてもらった。
50代ぐらいの女性
日本語喋れない人だったんで私の片言英語とだとあんましうまく会話できなかったんだけど「日本語を学ぶ学生はどんどん増えている、学生は皆日本に来たがっている。」てずっと言ってた。
やっぱきっかけはゲームとかアニメ、マンガが多いみたいだ。
研究室に置いてあった、なんてことない大学案内の冊子やチラシを手にとって、「日本語の文字は美しい」、って言うから、私は大学特有のデザインセンスはイケてないと思ってるクチなんで、そ、そうかなあ?と思ったけど「ありがとうございます」と言っておいた。


782 名前:日出づる処の名無し :2007/12/09(日) 01:31:43 ID:N6qfOEhi
金曜のランキンの楽園「外国人のおみやげ 銀座・博品館」でイギリス人夫婦が新幹線のプラレールを買っていた

「美しい上に静かだからすごく感動してね。家族全員がファンになったから思い出に買ったんだ。このイルカみたいな形がもうたまらないんだ。新幹線は世界最高の電車だねICHIBAN NUMBER 1」

E4系新幹線MAXだった


791 名前:日出づる処の名無し :2007/12/09(日) 14:07:21 ID:++wqGTgB
http://web.archive.org/web/20040606020240/http://www.okada.de/jing/shinkansen/shinkansen.htm
目には速く走り過ぎる・・・新幹線試乗記

すべてのスーパー高速鉄道の日本の母とも言える新幹線試乗体験/ヤーコプ・シュトローベル=イ=シエラ

 一番最後に興奮した鉄道乗車体験のことを、今でも思い出せる人はいるだろうか?殆どの人にとっては、それは子供の時のことに違いない。
興奮するものばかりで、現実を前にして興奮を正当化する必要が幸いにもなかった、そういう子供時代のことだ。
それからは、自分で欲したわけではないがだんだんと利口になり、そうすると、鉄道に乗ることは実利的なことに過ぎなくなる。
郷愁にひたる人のための列車に乗るとか、人間は有り余るほどいるのに客車が少ないという国で列車に乗るといった場合は、この限りではないが。
しかし、今、駅と言うよりは鉄道線路が接続されている豪華デパートという感じの東京駅で、病院の床のように ぴかぴか光ったプラットフォームに立つと、興奮が戻って来る。
どうして興奮するかというと、単なる列車と言える以上のもの、すべてのスーパー高速鉄道の母とも言える新幹線が、この瞬間にも入ってくることになっているからだ。

 新幹線だけでなくそれを作った国民も特別ではないか、ということには、プラットフォームに立っただけで気が付く。
待っている乗客たちは、あちこちうろつかず、軍隊の儀仗兵のとるような歓迎の隊列を組む。
座席指定券に従い、どこに何号車のどの扉が開くかを示す、プラットフォームに描いてある線に従って整列する。
追加の線は、乗車待ちの列がどう作られるべきかを示している。
日本では秩序が生活全体に行き渡っており、アナーキーな運転手が全くの悪意で何メートルか先に停めたとしたらどうなるだろうと考えている間にも、列車は滑るように、殆ど音を立てず近づいて来て、一センチの狂いもなく正しい位置に停まった。

 新幹線の外見は、素晴らしかった。
真珠のように白い車体に簡潔な青い帯が描かれ、数あるモダンな列車の中でも最も個性的な、素晴らしい頭部をしている。
旧来のモデルの鼻先は、ジェームス・ボンドが最初の頃に使っていたスポーツカーのように長く突き出し、その先端にはボールのような部分がついていた。
これが新幹線のニックネームに二様の意味を与えていた。
すなわち、「弾丸列車」は弾丸のように速く、また弾丸のような外見をしていた。
鼻面の遥か上にはコックピットの狭い窓が、膨らんだ頬骨の上の支配者然とした目のごとく、近づき難くそして少しばかり尊大に世界を見下ろしていた。
これに対し、新しいモデルは、幅広で丸っこい鴨の嘴のような鼻面と、アエロダイナミックなガラス屋根の下の運転手席のせいで、SF映画の小道具のように見える。
例えば、バットマンがバットモービルではなくバットトレインで現われたとすればこういうのに乗って来るのではないか。


792 名前:日出づる処の名無し :2007/12/09(日) 14:09:37 ID:++wqGTgB
 ICEやフランスのTGVやスペインのAVEについては、誰もこう言おうとは思わないだろう。
こういった高速列車は、新幹線の亜流であり、技術的には尊敬に値する高度の性能を持っている。
しかし、神話となる栄誉は、日本から来た永遠のパイオニアであり、飽くことのない記録樹立者であり、1964年の東京オリンピックの時に世界を唖然とさせ、それからの営業においてただの一度も事故を起こしていないものにしか、与えられない。

 新幹線は、営業開始の時、既に毎時250キロを達成していた。
ドイツ連邦鉄道が、急行列車を140キロで走らせ、例外的に一度だけ160キロでガタガタ走らせたことがあった時代の話だ。
新幹線の最新世代「のぞみ」は、300キロのスピードで日本の国土を駆け抜け、試験走行時には430キロを記録し、目下、通常走行時の速度の世界記録を持っている。
のぞみは、広島と小倉の間の区間を、平均速度262キロで走る。
これは、ICEがフルダとヴィルツブルクの間で出す最高速度を60キロ上回る。
ドイツの高速列車がのぞみと同じように速く走るとすれば、フランクフルトとベルリンの間は2時間しかかからない。

 神話は、何時も、外から見た方が中から見たよりも良いものだ。
これは新幹線でも変わらない。
インテリアは、日本のミドルクラスの自動車程度の魅力しかない。
主たる色は力に欠ける灰茶色で、プラスチックに対する愛着には限度がなく、ポリ塩化ビニールの床は絨毯柄の下手なイミテーションだし、娯楽プログラムといえば列車と東京と大阪の間の走行予定について電光掲示板に日本語と英語で出る情報くらいだ。

 しかし、楽しもうと思っても、新幹線ではどのみち時間がない。
楽しもうとしても、余りにも速く目的地に着いてしまう。
スピード体験は、のろのろしたICEに慣れた乗客にとっては、心地良く、また、気を動転させるものだ。
ドイツの高速鉄道では、最高速度を出すため全力をあげなくてはならず、それで数分持ち堪えた後、へとへとになり、力を回復するため速度を緩めなければならないような印象がある。
250キロは骨の折れる例外的状況で、それは普通ではない。
これに対し、新幹線は離陸する飛行機のように速やかに速度を上げ、短時間で最高速度に達し、到着するまで
アクセルペダルを踏み込んだままだ。


793 名前:日出づる処の名無し :2007/12/09(日) 14:09:42 ID:++wqGTgB
 このことが、どうして日本人が新幹線の中で何時も眠っているか、を説明しているように思う。
高速状態がこう続けば、窓から外を見ることはできない。
見ていても数分すると視認能力は限界に達する。
外界は、ばらばらの凍りついたような絵、ストロボスコープで作られたような生気のない断片に、崩壊して行く。
凝固した風景の間を駆け抜けるような、自分の速度が高すぎて自分の動き以外には何の動きもないような感じだ。
田圃で牛に鋤を引かせている農民は、その場所から動かないように見える。
動く前に、新幹線は通り過ぎてしまっているからだ。
高速道路の上には自動車が停車している。
洗濯物はクレー・オルデンブルクの彫刻のように風にはためいており、鳥は空に釘で打ち付けられたようだ。
何時の時か、目は、もう駄目だ、と言い出す。

 そうこうしているうちに、大変な事態はもう過ぎ去っている。
突然ブレーキが利き、働かされ過ぎた私の視力を解放し、ほかの乗客を睡眠から起こす。
列車は、次の豪華デパート駅に着き、私はよたよたしながら新幹線から降り、もうろうとしたままプラットフォームに立ちつくし、この「諸列車の中の列車」をぼうっとしながら見送り、時計を見て羨ましくなる。
もちろん、ICEでは決してありえないような正確さだ。
これほど正確でなくても不正確さに気が付かなかったかもしれない。
というのも、500キロある東京と大阪の間の区間について見ると、数少ない遅れた列車の平均遅延時間は24秒なのだ。


926 名前:日出づる処の名無し :2007/12/16(日) 23:21:01 ID:TMtbEXY1
ACミランのガッツーゾが日本のファンを褒めてたな。
我々イタリア人が見習わないといけないとか…
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。