2009年04月12日

この国に魅了された人たち52

【日本が】この国に魅了された人たち50【好きだ】 (52)


13 名前:日出づる処の名無し :2006/09/09(土) 22:02:44 ID:QQy1cn1h
・「世界に最も良い影響与えている国」日本が1位に
(世界対象のBBCによる世論調査)
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1139054159/

・【美】 日本代表が2位入賞!・・・第55回ミス・ユニバース・コンテスト
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1153727523/l50


98 名前:日出づる処の名無し :2006/09/13(水) 09:54:49 ID:21cjy3I8
友人のツテで知り合いになったイタリア人(北部か南部かはしらない)が、仕事でしょっちゅう日本に来るんだけど、だいたい1週間に滞在する場合
最初に日本食食べて次にイタリアンの店(結構高い店。シェフ日本人)に行き、次いでフランス料理やらインド料理やら中華料理やら日本式カレー、ラーメン食べて、飲みは創作居酒屋(いきつけが和風創作、洋風創作、フレンチ創作等ある)に行き、おやつは毎日ローテーションで和菓子(これも行きつけが何軒も)、洋菓子(英仏)、中華菓子(中国茶カフェとか)やら回りまくってるよ。
お前いつ仕事してるのかとwww
本人は食べるのが大好きで、もう日本への移住を真剣に検討しているらしい。
世界中の食べ物が、しかも本格からアレンジまで美味しい物が食べられるのが最高だとか。
コンビニ菓子も好きだし、オムライスも気に入ってたな。
オムソバが最近ブームらしい。

106 名前:日出づる処の名無し :2006/09/13(水) 12:33:44 ID:YhJk/Sf/
【国際】ニンジャが銀行強盗、手裏剣で5万ユーロ奪う ギリシャ
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1158117210/

1 名前:(-◇-)コーホー@ひよこφ ★[sage] 投稿日:2006/09/13(水) 12:13:30 ID:???0 ?2BP(3)
 忍者の手裏剣で武装した銀行強盗が過去数カ月にわたってギリシャの銀行支店を荒らしていたが、12日、アテネの銀行を襲撃したのち逮捕された。

 警察発表によれば、ペトロス・オネン容疑者(49)はこの数カ月、郊外にある銀行11支店で、日本の忍者でおなじみの手のひらサイズの鋭く尖った手裏剣を窓口係に投げると脅し、5万ユーロ(およそ750万円)を奪っていた。

 最後に襲撃した銀行から覆面捜査官がオネン容疑者を家まで追跡し、彼の戦利品、手裏剣、ニセモノの銃、銀行支店リストを発見。
逮捕に至った。

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081158077181.html

■忍者
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%8D%E8%80%85
■忍者情報サイト 【ザ・ニンジャコンテント】
http://www.syuriken.com/ninja_content/index.htm


150 名前:日出づる処の名無し :2006/09/14(木) 07:24:27 ID:Gh1XtMmJ
国土の4割が北極圏にあり、世界一寒い国といわれるロシア・サハ共和国。
この国を日本人にもっと知ってもらおうと、大学生らが日本向け雑誌の編集に挑んでいる。
サハ政府からの補助も受け、10月にも完成予定。
現地では、アニメやポップスを通じて日本に親近感を持つ人も多く、日本へ注ぐ視線は熱い。
(略)
旧ソ連時代、同共和国では外国人の入国が制限されていた。
だが、ソ連崩壊後、日本のサブカルチャー情報が流入。
96年ごろから、「セーラームーン」や「ポケットモンスター」など日本のアニメがテレビ放送され、人気に火がついた。
イゴールさんは「こんな完成度の高いアニメを作る日本人はどんな民族なのか、たくさんの若者が日本に興味を持つきっかけになった」と目を輝かせる。

ヤクート国立大の日本語講座には60人ほどが学び、学内でも人気科目。
最近は、浜崎あゆみのファンクラブもロシアで初めて設立されたという。

スウエシニコフさんは「日本はモスクワよりずっと近い。僕らにとって最も身近なあこがれの先進国なんです」と話す。

雑誌には、アニメの主人公に扮して競う今秋の「コスプレ」大会や、サハ最大の催しである夏至祭りの様子、馬肉を使った民族料理の紹介記事などを盛り込む。

一方通行の日サ関係から、相互交流へ。
そんな思いを込めた雑誌名は、日本語の音そのままの「レンメイ」。
イゴールさんらアニメファンのサークル「アニメ連盟」と、同時に日サ両国の結びつきをイメージした。

雑誌はサハ政府から6万ルーブル(約24万円)の援助を受け、日本と国内向けに2誌作る。国内向けは1000部発行を計画。
日本での発行に向け、日本側のサポートも求めている。
(全文は http://www.asahi.com/international/update/0912/013.html

<関連>
【ロシア】領土問題をよそに、“日本”ブランド大人気 焼き鳥屋チェーンが大ヒット 
柔道や折り紙クラブ、芸者スクールも好評
 http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1156917256/


169 名前:日出づる処の名無し :2006/09/14(木) 15:04:01 ID:R9OBcwVF
このスレで以前話題になったバレリーナ、プリセツカヤが新聞のインタビューで日本を褒めてるよ。
日本人とロシア人を比較して、「日本人は自らの暮らしを高めることに全力をあげているのにロシア人は何もせず、給料だけはもらおうとします。どうでもいいさ、なるようになるさという生き方です。日本人は、どうでもいいということはありません。これはもう思考の形態であり、精神性といえるでしょう。」だって。


170 名前:日出づる処の名無し :2006/09/14(木) 17:37:57 ID:xqYBrY4s
2006年9月14日付 中日新聞(夕刊)5面
話は溯るが、前回大会のときにはチュニジアにいた。
日本代表がチュニジアに勝利した翌日にチュニスの空港に降り立ったのだ。
前夜パリの友人から「日本人と分かったらきっと生卵が飛んでくる」
と脅され、スークと呼ばれる迷路のような市場を私はへっぴり腰で仕事仲間四人と歩いていた。
気づくとひとりの若者が後ろをついてくる。
生卵か?不気味さに耐えきれず声をかけた。
彼いわく「大分のおばあちゃんに世話になった礼がしたい。なにもないが、お茶でも」。
ナンパされる歳でもないし、まして当方は複数だ。
誘われるまま、彼の家の中庭でミントティーをご馳走になりながら話を聞いて目が丸くなった。
大会開催国であり対戦国である日本がいかに海山の美しい国であるか、そしてチュニジア代表はキャンプ地大分でいかに手厚いもてなしを受けたかをテレビを通じて知ったというのだ。
彼はおしまいにこう付け加えた。
「日本はいい国だ」
私は「大分のおばあちゃん」なる女性の草の根の国際親善に心から感謝した。


225 名前:日出づる処の名無し :2006/09/16(土) 00:45:19 ID:22TucCns
「スポルト」でフランスの柔道事情をやってたけど、日本の3倍の柔道人口らしいね、フランスは。
礼儀、尊敬は子供の教育に良いと親が柔道クラブに連れて行くらしい。
ジダンも地域の柔道チャンピオンだったんだって。


230 名前:日出づる処の名無し :2006/09/16(土) 09:31:35 ID:HwIoBqhB
>>225
お陰でフランスが国際柔道の世界で力を持ってしまったが為に、カラー柔道着の導入や極端なスポーツ化が起こってしまった訳で・・・・・・・・・・・

まあ、旧ソ連圏も柔道はさかんだよな。


231 名前:日出づる処の名無し :2006/09/16(土) 09:39:51 ID:xzP66Pqq
>>230
これはホント難しい。
んじゃ伝統を守る為日本一国でやっていくかという話だし。
柔道でもっとも権威ある大会一つを運営を日本で独占するような形がいいと思うんだけど。
ゴルフの全英オープンみたいに。


233 名前:日出づる処の名無し :2006/09/16(土) 09:58:05 ID:1jcgA2WM
>>230
カラー柔道着は今思えばGj
昔の試合とか見辛くてしゃーない


234 名前:日出づる処の名無し :2006/09/16(土) 10:01:05 ID:xzP66Pqq
>>233
見易さはそうなんだけど、そこには柔道の精神も込められているわけで。
まあむずかしいやね。


238 名前:日出づる処の名無し :2006/09/16(土) 12:49:34 ID:uTbGkRUG
>>234
山下も言っているけど、柔道着を青く染めたぐらいでなくなるような精神ならそんなちゃちなものには精神と呼ぶ価値はない。
と。

ただ、同じ場所で同じく山下が言っていたけど、柔道着を一着買うのでさえ経済的な負担であるような発展途上国の人々にとって、柔道着が青と白の二着必要になるのが、どうなるのかが議論から抜けている方がよほど問題かと。

もうちょっと手軽な方法があればよかったんだけどねぇ。


241 名前:日出づる処の名無し :2006/09/16(土) 13:32:11 ID:eqvoQVBb
日本国内の試合は、白一色って言うのがかえってかっこいい気がする。
聖地みたいな感じで。


574 名前:日出づる処の名無し :2006/09/25(月) 00:13:04 ID:bSVNzFL1
シャネルも、ベニバナの成分を活かした「AKA」という口紅を発売してる。
以下転載
-------------------------------------------------------------------------

 昼間にTV(BS-Hi)を見ていたら、非常に面白い番組をやっていた。
「赤とルージュ」というタイトルのドキュメンタリーで、シャネルの口紅の開発者であるフランス人が、シャネルの新しい「赤」を求めて日本にやってくるというもの。
内容を紹介。

 それまで、そのシャネルの人の自信作は、「コチニール」という貝をすりつぶしたときに出る、動物性の「赤」。
すごく深みがあり、美しい赤だ。
しかし、彼はそれに満足せず、何を求めたかというと、日の丸の赤だという。
そう、日の丸の赤は、すなわち日輪、太陽の赤だ。

 彼がやってきたのは京都。
京都郊外に、昔ながらの染色法で紙や、布を染めている染色家の吉岡氏の工房があるからだ。
そこには、日本古来の「赤」がなんと50種以上もあった。
これにはフランス人でなくとも驚く。
朱、茜、桜、紅、緋、...微妙だが、でもしっかりと異なる数々の赤。
なかでも、日にかざすと、黄金色に輝く赤があった。
これこそ彼が求めていた赤。
それはなんとベニバナの赤だった。
ttp://blog.goo.ne.jp/shinichi_ryu/m/200604

創始者であるココ・シャネル自身が赤という色に大変こだわっていたそうで、シャネルのメイクアップクリエイター、ドミニク・モンクルトワさんもその精神に倣い、世界中飛び回って赤を探したら、日本にあったというお話。
番組の中で、「私は日本で二人の先生に出会いました・・・」という言葉が印象的だった。


589 名前:日出づる処の名無し :2006/09/25(月) 18:00:54 ID:y6lgsJLh
なごみスレより

226 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2006/09/25(月) 15:15:35 ID:lfbaT4AK
かつてヤクルト、阪神でプレーしたワニ食いで有名なラリー・パリッシュ氏の近況のインタビュー記事(スポルティーバ11月号)より

日本のことはよく思い出すよ。
試合後のスシ、ステーキ、アサヒビール(笑)
(中略)
そのうちに娘と孫たちを連れて日本へ旅行したいね。
僕の大好きな新幹線に乗って、桜を見たり、夏祭りを見たり、おいしいスシや神戸ビーフを食べたり。
そんな日が来たら最高だね。

新幹線、桜、夏祭り、神戸ビーフ・・・ ここでよく語られるものが網羅されてるよ。


590 名前:日出づる処の名無し :2006/09/25(月) 18:14:55 ID:IDrKJy9e
じゃあ俺は内田ブログより


フランスから日本旅行に来ていたブルーノ・シャルトンくんと高橋芳枝さんが10日ほどの
旅行を終えて、帰国した。

東京、京都と移動して、最後の二日は芦屋泊まり。
うちの隣の竹園ホテルに二泊して、二晩ゆっくりしゃべって飲んだ。
最初の夜は、ブルーノくんが食べたことのないという北京風水餃子を私が作る。
シャンペンで始めて、冷や奴と日本酒、餃子とビール、最後にディジェスティフにカルバドス。

二日目は三宮の國分さんのところへ行く。
『ステーキハウスKOKUBU』でブルーノくんが食べたことにないような神戸牛(おお、アンクロワイヤーブルです!)をごちそうして、ここでも生ビールをワイン赤白。

それからRe-setに移動して、スコッチとシガー。
さすがに二日続けの大量飲酒によって土曜日の朝は全身の血液がすべて肝臓においてアセトアルデヒド分解活動に従事しているため、それ以外の身体部位は機能していない。

ぼおおっとしながら車でおふたりを関空までお送りする。
車中ではあまり話がはずまない。
ふたりともぽつりぽつりと「帰りたくないね」「うん、帰りたくないね」と繰り返すばかり。
私は三週間もフランスにいると、「はやく日本に帰りたい!ラーメン食べたい、うどん食べたい、カツカレー食べたい」ともう帰心矢の如しなのであるが、彼らはどうも様子が違う。

このままずっと日本にいて、日本のご飯を食べて暮らしたいらしい。


内田樹の研究室 2006: ブルーノくんヨシエさん、またね
ttp://blog.tatsuru.com/archives/001924.php


698 名前:日出づる処の名無し :2006/09/30(土) 02:14:47 ID:nOT40AAt
カップめん人気沸騰、代名詞は「マルチャン」 メキシコ
http://www.asahi.com/international/update/0930/001.html
タコスの本場メキシコで、カップラーメンの人気が沸騰している。
駅や学校、コンビニなど街の隅々でめんをすする人の姿が見られ、新聞や雑誌が次々に特集を組むほどだ。
しかし、伝統的な食材の豆やトルティージャの消費量は急降下しており、「伝統食を守れ」と警戒する声も出始めている。
せわしなく人々が行き交う地下鉄のイダルゴ駅。
軽食カウンター、警備員のゴンサレスさん(40)がエビ風味のカップめんをフォークでかき込んでいた。
店に備え付けの辛いチリソースをたっぷりかけ、ライムをしぼって食べるのがここの流儀だ。
「週に1回は食べる。忙しいときは助かるよ。安いし味もいい。娘2人も大好物で週に2、3回は家で食べている」 値段は、店頭でお湯を注いで食べると8ペソ(84円)。
庶民が街角の安い屋台でお昼に食べるタコス三つ分と、ほぼ同額だ。
スーパーで買うと1個4ペソ(42円)。
月収2000ペソ(約2万円)のウエートレス、マルティネスさん(18)も「安い」という値段だ。
北米では米カリフォルニア州南部に70年代に進出した即席めんの日系企業が市場を激しく争ってきたが、メキシコでは「マルちゃん」が最も多い。
市場の8割を独占し、カップめんの代名詞にもなっている。
東洋水産の米子会社マルチャンインクの深川清司社長によると、メキシコで人気が出たのは80年代から。
「米国に出稼ぎにきたメキシコ移民が故郷に帰る際に持ち帰り、親類や友人にお土産として配って広がった」という。
89年末から本格的な輸出を始め、メキシコの昨年の消費量は8年前の10倍の約10億食。
アジア諸国や米、ロシア、ブラジルに次ぐ世界11位だ。
こうしたカップめんの大攻勢の陰で警戒感を強めているのは、伝統的な食材の関係者だ。業界団体などによると、メキシコ料理に欠かせない豆の1人当たり消費量は10年間で半減して約9キロに。
トウモロコシも3割減だ。
地元紙は「特に35歳以下の世代が昔の世代ほど豆を食べなくなっている」と警鐘を鳴らす。
豚タコスがおすすめ料理というメキシコ市の老舗(しにせ)料理店「バヒオ」の経営者ティティータさん(67)は「カップめんは不健康なうえに、まずくて食べる気もしない。私たちは毎日新鮮な食材を使って新鮮なメキシコ料理を出している。
我々の伝統的な食文化を残すためにもカップめんと闘う」と意気盛んだ。


854 名前:日出づる処の名無し :2006/10/02(月) 20:00:56 ID:H4cML/lx
平凡社新書の「東京・パリ・ニューヨーク ファッション都市論」によれば
いまではヨーロッパのデザイナーから、高価なブランドものの扱いが上手いって言われてるぞ。
着崩すように生活になじんでるように見えるからだそうだ。
ヨーロッパとかだとステータスシンボルになってしまうが、日本ではファッションとして楽しんでいると言う点を思いっきり評価しているそうだ。


882 名前:日出づる処の名無し :2006/10/03(火) 00:15:17 ID:8PSa9yJ3
そいやバブルの頃アメリカに留学してた友達が日本人とゴールドカードの組み合わせはアメリカでは無敵と言ってた。

強気な時代の発言ではあったが。
日本人(の店員)はカード使った時にサインの確認まったくしないと心配もしてたな。


938 名前:日出づる処の名無し :2006/10/03(火) 23:13:46 ID:xIjWLDZX
【asahi.com】 「オタク化」するアメリカ。美少女アニメ好きのネオナチ・ガールら。
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1159874459/1
「オタク化」するアメリカ 日本人と米国人が相次ぎ刊行

「オタク化するアメリカ」の表と裏を伝える2冊が、相次いで刊行された。
堀淵清治著『萌(も)えるアメリカ〜米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか』は、かの地で20年前に日本マンガの翻訳出版をする会社を設立した著者のビジネス奮戦記。
一方、パトリック・マシアス著『オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史』(町山智浩編・訳)は受け手の視点から描く。
著者は、6歳でゴジラのとりこになり、深作欣二の仁義なきSF映画「宇宙からのメッセージ」に「スター・ウォーズよりスゲエ!」とぶっ飛んだ72年生まれの米国人。

地球を守る「ガッチャマン」が宇宙パトロールに改変されたとか、寒いギャグ満載の「ウルトラセブン」吹き替え版とか、紹介される事例はおかしいやら悲しいやら。
海の向こうでも「オタク」の情熱は燃え上がる。

美少女アニメ好きのネオナチ・ガールら、最終章「USAオタク列伝」の濃さ(と痛さ)にはクラクラする。
http://book.asahi.com/clip/TKY200610030195.html

>なぜかネオナチ批判に(*゚Д゚) ムホムホ


955 名前:日出づる処の名無し :2006/10/04(水) 12:15:48 ID:gD2XSSyC
632 :おさかなくわえた名無しさん :2006/10/04(水) 10:27:30 ID:UoXEzdTC
今、テニスで世界ランキングNo.1のフェデラー(スイス)が試合のため来日しているんだけど、
その日本滞在記ブログがアップされてる。
http://www.atptennis.com/1/en/blog/current_federer.asp

お約束のウォシュレットにびっくりしたり、日本食を堪能したりしている。
皇太子とテニスもしたみたいだ。
で、10/2の日記にはガールフレンドに大量のわさびを食べさせたことを書いてるw
she still has fire coming out of her noseって目に浮かぶ光景だ

>The other night I played a joke on Mirka and put a lot of wasabi (the very strong green paste)
>underneath a piece of her sashimi…she still has fire coming out of her nose and has promised to get me back!

長文だけど英語ネイティブじゃないので読みやすいからお暇な方はどうぞ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。