2009年04月12日

この国に魅了された人たち24

【日本が】この国に魅了された人たち24【好きだ】


48 名前:日出づる処の名無し :2005/01/02(日) 01:54:28 ID:RdND957W
ヤクルトのラミレスは日本のホッケに魅了されたらしい。
「こんなに美味いものは食ったことがない」らしい。


55 名前:日出づる処の名無し :2005/01/02(日) 09:19:34 ID:wPLum2oP
広島のラロッカなんて牛角があれば幸せなすばらしい香具師だぞ


67 名前:鯨捕りカッコよすぎsage :2005/01/02(日) 22:23:34 ID:SjSDMxP7
あけおめことよろ。で、ネタひとつ

かつて私がカナダ政府の視察官として日本の捕鯨船に同行した折のことである。
(中略)
私は船橋でそう舵手の傍らに立ち、このを固唾を飲んで見つめていた。潮を噴くため海面に上がったクジラの巨大な背中と、湾曲した小さな背ビレが波間に除いた瞬間、九〇ミリ砲が火を噴いた。放たれた銛は弧を描いて飛んでゆく。
(中略)
九〇ミリ砲には、銛の先端に大砲並みの爆薬が仕込んである。
(中略)
跳ね返された銛は、空中で爆発する。乗組員はみな、熟練のクジラ捕りだ。すぐに危険を察して、それぞれ甲板に身を伏せたり、巻き上げ機などの陰にかがんだりした。そのなかで、間抜けにもつっ立っていた私を助けてくれたのは、操舵手だった。
すばやく足払いをかけ、倒れこんだ私の上に覆いかぶさると、空高く爆発した砲弾の鋭い破片が降り注ぐなか、私をかばってくれたのだ。
その人には家庭もあれば、子もあった。お互い、仲は悪くなかったが、特に親しいわけでもなかった。それなのに、彼は身を挺して、私を守ってくれた。
操舵主はついと立ち上がり、私を引き起こすと、ひと声軽くうなっただけで、あとは何事もなかったかのように舵取りに戻った。わびをいい、例を繰り返す私には目もくれずに。
きっと彼はそんな出来事があったことを今はもう忘れているだろう。
だが私には忘れることはできない。彼のような男こそが、ほんとうの日本人だ、と私は信じている。他人の生命を救うために、ためらうことなく身を投げ出すことのできる人間、己れの務めを全うできる人間だ。

C・W 二コル「誇り高き日本人でいたい」


140 名前:日出づる処の名無し :2005/01/03(月) 21:41:18 ID:+cwHqLQM
もまえら発明の話をするなら特許庁のHPぐらい押さえとけよ?

十大発明家
http://www.jpo.go.jp/seido/rekishi/judai.htm

しかし全国的に知られてる人ってあんまりいないな…。
漏れは北陸出身なんで高峰譲吉は知ってるけど。


180 名前:日出づる処の名無し :2005/01/04(火) 17:00:44 ID:XGjt1tqx
光通信も日本が(タッチの差だけど)発明したの。

西沢潤一氏(元東北大学総長)は日本が世界に誇る発明家だよ。
あまり知られてないけど。


202 名前:日出づる処の名無し :2005/01/05(水) 01:46:14 ID:17xiKPL6
>>55
禿しく遅レスだがラロッカの話が出たので。

去年のオールスター戦で、出場選手は名古屋から長野へ電車で移動したんだそうな。
その時ラロッカは車窓に流れる景色があまりに美しくて痛く感動したらしい。日本に来てみてホントによかったとしみじみ思ったそうな。

どうやら今年も残留するとのことなので個人的に応援したい。


244 名前:日出づる処の名無し :2005/01/06(木) 04:29:24 ID:vB77Wx+2
他板から拾ってきたよ。


563 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:04/12/26 08:49:23 iuzG7L7w
カナダ人の劇作家 グレッグ・ロビック
http://www.anemo.co.jp/life/cafe/01.html
五年前に日本に来て最初の数日で、山手線でこれらの光景を見た私は、
「自分はここを好きになっていく…」と思った。そして実際そうなったのだった。


250 名前:日出づる処の名無し :2005/01/06(木) 11:36:22 ID:VRkvUKre
1年位前にたまたまアエラ立ち読みしたら、
世界の珍発明珍研究に送られるイグノーベル賞で日本人の受賞が多い事について書いてたよ。
イグノーベル賞協会の人の話だったと思うが、
イギリス日本の東西の2つの島国抜きになりたたないんだそうで、
この両国は変わり者を生かしておく文化を持っている、というような事を言っていた、


322 名前:スレ違いだが、 :2005/01/08(土) 08:12:27 ID:vUbr0awr
昔、ニュー即で拾ったやつを思い出した。

913 :(=゚ω゚)ノ :03/07/13 22:00 ID:rYRS6nlF
文革といえば

十年位前に中国へ旅行に行ったときだが、ガイドと運転手がセットになっていた。
ガイドは日本語学科卒のエリートっぽかったんだが、その初老の運転手はこ汚く、
風呂も満足に入ってなさそうな風貌だった。
ただ俺達は人懐っこい運転手に好感を持ち、毎日少しずつのチップをあげたりした。
(ガイドには内緒)

滞在最終日に運転手が一人でホテルの俺達を訪ねて来て、
非常に流暢な英語で「チップのお礼をしたいからロビーに来てくれ」と言った。

続く
958 :(=゚ω゚)ノ :03/07/13 22:06 ID:rYRS6nlF
>>913の続き

ロビーにあったピアノを開けると運転手はムソルグスキーの「展覧会の絵」を
全部(!!!)弾いてくれた。

話を聞くと彼は、かつて中国の国費留学でアメリカに留学した音楽家で、
そこでみっちり修行し、帰国してから音楽活動を始めたのだが、
すぐに文革で職を追われたのだと言う。

当時まだ俺は「文革=本当に文化の革命」と思っていたから、
「??」だったのだが、最近になってあの運転手の境遇の意味がわかった。


347 名前:日出づる処の名無し :2005/01/09(日) 18:47:31 ID:fc/IxAau
昔このスレで紹介したこともある某所より一部抜粋コピペ。
彼女日本に帰ってきてるから、今回はURL紹介はやめときます。
-------------------------------------------------------------------
■2005/01/09 (日) 東京案内
ドイツの友達ヤンの友達2人がシンガポールでMBAを取って、
冬休み(年末年始)は日本に滞在することになったので、案内好きの血が騒ぎ、都内を案内した。
MSNで2,3回チャットしただけなので初対面で、なんかへんな感じだったけど、
無事銀座三越のライオン前で待ち合わせできました…。

ロンプラに出ている和食はほとんど食べたらしい。
トンカツとしゃぶしゃぶがうまいと言ってた。ドイツ人はお肉がお好きなようで。

忘れないうちにドイツ人語録。
・日本人、ありえないくらい親切。普通の親切をはるかに超えてるとかなんとか…。
・交通網の発達ぶりがすごい。東京から1時間新幹線で移動して自然の中の温泉なんて最高。
・なにを食べてもおいしい。値段はちょっと高いけど、サービスとクオリティを考えたら妥当。
・働きすぎ。(一般的な残業の話と夏休みの話をしました)
・地下鉄が使いやすい。行き先を見つけてお金を入れるだけだから超簡単。
・タクシーが高い。(夜ためしに使って3000円払ったそうな)
・秋葉の怪しいポルノアニメショップがショックだった。
・新しいテレビ、ドイツじゃ信じられないくらい高画質。
・携帯、種類が多すぎる。
・かわいい女の子が多い。
etc.

休みがちゃんともらえるなら、日本で働きたい〜と言っていた。
ベタボメ。
親日家が増えるのはうれしいことだ♪


351 名前:日出づる処の名無し :2005/01/09(日) 20:56:11 ID:WGMFad8m
さっきビフォーアフターって改築番組で
アメリカ人が京都の町屋を改装してた。
ただもんじゃなかった。


355 名前:日出づる処の名無し :2005/01/09(日) 21:27:38 ID:GH6oMfsN
>351
終わりに皆で鍋囲んでたね。しかも外人さんが多かったのに。
野菜本来の味や香りがすき焼きより強く出るし、水炊きや寄せ鍋の方が外国の人には結構受けよさそう。

日本人の住む事になった家良かったなあ。ああいう遊びがある家っていい。


357 名前:日出づる処の名無し :2005/01/09(日) 21:58:30 ID:0dJTQRbK
>>355
知り合いのドイツ人は湯豆腐と熱燗に感動してたな。
熱燗ってのはなんかうけがいい


383 名前:日出づる処の名無し :2005/01/10(月) 01:18:05 ID:b3ulIuOB
台湾でのこと。ガイドブックに名店と書かれてた茶舗に行きたくて、そのヘンの若い衆に道を尋ねた。
英語通じるのは、若者だろう、と思ってのことだが、あまり通じなくて、筆談になった。
waitと言われて、どっかに行ってしまい「聞いてくるのかな」と、少しくらい待ってみてもいいか、と
思ってたら、爺さん連れてきた。これが日本語しゃべれる。

で、「ああ行ってこう曲がってそう行って」みたいなことを言いながら、持っていた手帳の白ページに
略図を書いてくれる。恐縮して礼を言い、孫の「若い衆」にも礼を言い、別れた(つもりだった)。

茶舗に行くまで、ぶらぶらあちこち見ながら歩いていたら、後ろから呼び止められたのが、
さっきの爺さん。孫が乗ってるバイクの後ろから「心配だから、孫に教えたので、乗って行きなさい」と。

この異様な親切に恐縮より先に「恐怖」が来たんだが、「そこまでして貰うのは恐縮」と言うと、子供の頃に居た日本人は皆そうだった、と。

さて、日本に戻ってきて、今もそこまでやる日本人が居るだろうか、と。


386 名前:日出づる処の名無し :2005/01/10(月) 01:29:03 ID:Zbb+92di
ああ、俺も5年前に台湾に行ったとき、頼まれものを店の人に(筆談で)聞いたら売り切れだった。
あきらめて他に行こうとしたら、その店の店主が「ここにならあるだろう(意訳)」って、
2百メートルほど離れた他の店まで案内してくれたよ。

日本語でだがお礼を言って、翌日案内してくれた店でおみやげを買いマスタ。


388 名前:日出づる処の名無し :2005/01/10(月) 01:32:12 ID:daQKp7sD
自分は台湾のお寺でお線香逆さに持ってたら
おじいさんに「違う!逆!逆!こう持つ!」と言われて治されたです。

台湾ってレジでも結構話かけられたしやっぱり親切な気がするなぁ。
デパ地価で適当に食べ物頼んだ時もゼスチャーで食べ方説明されたり。

自分もそうでありたい。
せいぜい駅で切符買うのに困ってる外人さん手助けするぐらいだけど。


398 名前:日出づる処の名無し :2005/01/10(月) 08:33:45 ID:VvowHdsc
ハン板からの転載。
パラオで有機農業を成功させ、酋長に選ばれた日本人のお話。

☆ちょっと良い御話☆

◆南の島の酋長 6番目の酋長の証
http://www.pof.co.jp/enter/f_kuniokosi.html

POFでは、現在26人のパラオの農民が働いてます。みんな、明るい笑顔で働いてます。
それというのも、夢みたいなことがここPOFでは起きるからなんです。

しなびた野菜しか取れなかった粘土質の土から野菜がとれる。
農薬や化学肥料を使わないのに、それよりずっといい野菜がとれる。どれもPOFが始めるまでは
「そんな馬鹿な話」と笑い話にさえならなかったことばかりです。

それがハウスを建てて、POFのやり方でやれば、立派な野菜が収穫できるんですから。
笑顔になるのも、わかります。すべては自然のおかげ。
自然へ感謝を忘れないこと。西村はそれをこんな言葉で表現しました。

「土も風も、みな兄弟」。

これが、POFの酋長派農業の哲学なんですね。
言ってみればPOFは、「盛田の理念」と「西村の理論」が直接的に結びついたもの。
大地は、人の所有物ではない。農業は地球や大地を食いつぶしながらの生産ではなく
元金(=地球、大地)を大切に大切にしながら、その利子を押し頂く作業である。

だから、いただいた分は大地に返していく。それが我々が言う「自然循環農業」。
そうでなければパラオの人々に受け入れられないし、酋長派を名乗る意味もない。
そんな我々に嬉しいニュースが届きました。 (以下略


482 名前:日出づる処の名無し :2005/01/11(火) 22:55:47 ID:jkMPPhkv
<村上春樹さん>小説「海辺のカフカ」を米誌が絶賛
 【ロサンゼルス國枝すみれ】村上春樹さんの小説「海辺のカフカ」の英訳本「カフカ・オン・ザ・ショア」が
米国内で出版され、米雑誌「ピープル」の最新号(1月17日号)の書評欄で絶賛されている。
 同誌の採点票は最高で星四つだが、「海辺のカフカ」は星三つ半を獲得。
同誌は「村上は魔法を使って、いく通りにも解釈できる夢のような光景を描き出した。
結末では何も終わらない。読者のなかには読み終えて頭痛がする人もいるだろうが、
5回繰り返して読む人もいるだろう」と称賛した。(毎日新聞) - 1月11日20時26分更新<

うーんアメリカ人はどんなふうに読んだのかな???


641 名前:日出づる処の名無し :2005/01/14(金) 05:26:44 ID:XlgLVRJQ
★李登輝・台湾前総統に聞く 訪日は成功 “静かなメッセージ”が信頼関係強める

・家族とともに訪日した台湾前総統の李登輝氏(81)は、台北市内で産経新聞と会見し、「日台関係が静かで強いきずなを築ければ、今回の訪問は成功だ」と述べ、目立った「政治活動」がなくとも訪問実績という“静かなメッセージ”が日台の信頼関係を強めた、との評価を示した。また、李氏は日本の歩んだ戦後60年を改めて評価するとともに、今後は「中国や北朝鮮への態度をはっきりさせることが必要」として、圧力や横やりに屈しない強い自主外交を日本に促した。

−−訪日の印象は
「日本の人々は国内にいると変化がはっきりしないだろうが、(病気治療などの訪日を除き)戦後六十年ぶりに深く日本を見て感じたのは、進歩の中に伝統が失われておらず、それがアウフヘーベン(止揚=矛盾する点の統合的発展)されていることだ。かつての道徳体系が回復している」「敗戦が日本人に対し反省と低姿勢の機会を与えた結果、日本人は六十年間、低姿勢でずっとがまんしてやってきた。だがこれが日本に世界第二位の経済力を築かせた成功の理由だ。社会秩序が非常にいい。今回、初めて新幹線に乗ったが、その機能や技術は日本人の仕事を代表している」

−−日本政府は今回の李氏への入国査証(ビザ)発給で、意志を強く示せば中国の圧力に対抗し得ることを経験した
「その通りだ。中国は李登輝訪日にあれだけのことをやったが全然効果が上がらない。逆に(中国の反発は)国際的な笑いものになるだけだ。(外交関係のない)日台は大声上げてやる必要はない。耐え忍んで、できるだけ声を小さくする。静かで強い(水面下で実質的な)関係を作り上げられたら訪日は成功だ」
(一部略)

http://www.sankei.co.jp/news/morning/13int003.htm
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1105582830/l50
果たして彼は台湾人なのだろうか? それとも元・日本人なのだろうか?
もちろん台湾優先には違いないだろうが、李氏の心中は俺には判断できかねる。


673 名前:日出づる処の名無し :2005/01/15(土) 09:49:29 ID:RQ2PdvWA
来日したソフィーマルソーが、子供に日本語を習わせてる
っていっていたね。
フランス人って日本に興味あるんだろうか。


680 名前:日出づる処の名無し :2005/01/15(土) 14:55:00 ID:hMgpxe1V
>>673
ソフィー・マルソーは、父方の祖父?が日本人のはず。
彼女も、自分に日本人の血が流れてる事を自覚、誇りに思ってると
インタビュにて。
日本文化に傾倒。


804 名前:日出づる処の名無し :2005/01/18(火) 22:57:21 ID:tByVdCXO
食べ物や物に関しては日本物はクールって感じで使われてる事多いね。
タイムトラベラ−って映画では、ちょっとしたパーティで
寿司をテイクアウトしよう、それが今は流行ってるんだぜみたいな会話あった。

デュースビガロウ激安ジゴロって映画の中での寿司ネタ面白かった。
トゥルーマンショーでも、トゥルーマンが彼女と知り合ったのは
日本語の授業じゃなかったっけ?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。